六合彩开奖记录

世界をリード?#24037;? ファイバーレーザー

  • おしらせ

    IPG Photonics の新製品に関?#24037;?#35352;事 "THE FIBER REVOLUTION"(英語)が「SHOP FLOOR Lasers?#24037;?/span>掲載されました。

  • 受賞歴

    Menara Networks has been recognized for its OTN tunable SFP+ transceiver, a ‘system-in-a-module’ with integrated forward error correction (FEC) and advanced monitoring.

  • プレスリリース

    IPG Photonics announces agreement to acquire Padtec Submarine Networks Division, a provider of submarine networking technology and systems.

  • コーポレー?#21435;喋`ビー

    IPGの製品は効率性信頼性が高く、さまざまな材料加工に対応可能です。産業用レーザーの高度な技術は、生産性の向上を実現します。

IPG Photonicsは、さまざまな市場で幅広く利用されている高性能ファイバーレーザーと増幅器の世界をリード?#24037;?#38283;発メーカーです。IPG Photonicsの低出力/中出力/高出力レーザーと増幅器の多様な製品ラインは、材料加工、通信、エンターテイメン?#21462;?#21307;療、バイオテクノロジー、先端科学などに利用されています。当社の製品は、現在さまざまなアプリケーションで?#24037;銫欷皮い?#24467;来の技術に代わるもので、レーザーの活用において新たな可能性に挑戦しています。

当社は、IPGブランドと業界における地位を活用し、幅広い市場でシェアを拡大し続けているファイバーレーザーと増幅器の開発ならびに商品化におけるパイオニアとして世界をリードしています。IPGのレーザーは、高い性能と価値が評価され、これまでさまざまなアプリケーションで利用されている従来のレーザーからの置き換えが進んでいます。IPGの製品は、新たな時代のアプリケーションでの活用を可能にし、レーザー市場に変化をもたらしています。

  IPG Photonics Global Headquarters
Diode laser production IPG Photonics  

IPGの開発ならびに製造は完全に垂直統合されているため、高い性能と品質基準を維持しつつ、お客様のご要望にお応えできるよう、開発スピード、コスト管理、生産量の向上を実現します。

IPGは、製造拠点をアメリカ合衆国、ドイツ、ロシア、イタリアに持ち、販売拠点を中国、日本、韓国、台湾、インド、?#21435;毳場ⅴ芝楗弗搿ⅴ幞伐場ⅴ伐螗荸`ル、スペイン、ポーランド、チェコ共和国、カナダ、英国に持つグローバル企業です。IPGは、IPGの製品を自社のシステムに統合可能な社内エンジニアリング機能を備えた、多様な市場の幅広いOEMやシステムインテグレーター、そしてエンドユーザーを対象に、製品販売を国際展開しています。

  • YLS-10000-CLクラッディングレーザー

    YLS-CLクラッディングシリーズのファイバーレーザーは、クラッディング、溶接、硬化、表面処理に特化しています。電力変換効率は40%以上で、電気料金は最低限に抑えられます。

  • YLPPピコ秒ファイバーレーザー

    YLPP-25-3-50-Rピコ秒ファイバーレーザーは、完全な動作周波数範囲50~2,000 kHzで高い最大出力、50 Wの平均出力、1~3 psの短パルスレーザーです。

  • YLS-20000-CUTカッティングレーザー

    YLS-CUT レーザーシリーズは、要求の厳しい切断アプリケーション用に開発されています。このレーザーは小型設計のため、切断機内で容易に統合可能です。

  • YLS-6000-BRブレージングレーザー

    IPGの新しいYLS-6000-BR 3点スポッ?#21435;芝颮`ジングレーザーでは、卑金属部分の掃除により、フィラー材の流れを良くし、再生可能なろう接合部の強度を向上させ、外観を良く?#24037;毪長趣扦蓼埂?/p>

  • インライン溶接モニタリングシステム

    LDD-700溶接モニタリングシステムは、インラインで溶け込み深さのリアルタイム高精度測定を実現しました。

  • 加工ヘッド

    信頼性が高く、小型でエ?#24237;毳`効率に優れたIPG Photonicsのファイバーレーザーは、材料加工アプリケーションに究極の柔軟性をもたらします。

  

2019    
February 5 - 7 Photonics West, San Francisco, CA Booth #1641
February 5 - 7 MD&M West, Anaheim, CA Booth #1539
April 16 - 18 SPIE Defense, Baltimore, MD Booth #545
May 6 - 9 Offshore Technology Conference (OTC), Houston, TX Booth #8006
May 7 - 9 CLEO, San Jose, CA  Booth #2007
June 3 - 5 FiberConnect, Orlando, FL   Booth #931
June 11 - 13 MD&M East, New York City, NY  
June 23 - 26 World of Photonics, Munich, Germany Hall A3
September 10 - 12 Battery Show, Novi, MI Booth #2437
September 24 - 26 WESTEC, Long Beach, CA Booth #1901
September 29 - October 3 Laser Congress Vienna, Vienna, Austria Booth #23
September 30 - October 3 Canadian Manufacturing Technology Show (CMTS)Mississauga, Canada Booth #1187
October 23 - 24 MDM Minneapolis, Minneapolis, MN Booth #2105
November 11 - 14 FABTECH, Chicago, IL  Booth #B17038
December 4 - 6 Photonix 2019, Chiba, Japan  
December 12 - 14 PRI Show, Indianapolis, IN  

当社のマルチキロワット?#24237;猢`ドファイバーレーザーは、適切なデリバリーファイバーを使用した場合は、後方反射の問題の影響を受けにくくなります。シングルモードのレーザーを使用した場合は、高反射性の材料を加工?#24037;?#22580;合を除いて、一般的に問題は発生しません。ただし、後方反射が非常に強い場合は、装置が反射を感知して自動的?#36865;V工筏蓼埂%ⅴぅ漸颮`ターを追加?#24037;毪長趣摔瑜輟ⅳ長?#21839;題を解決?#24037;毪長趣扦蓼埂PGは、生産ごとに銅、アルミニウムなどの高反射性の材料を切断および溶接?#24037;?#22810;数の現場の装置を用意しています。

閉じる

ファイバーレーザーの使用手順はワークピース上でファイバーの出力を撮像?#24037;毪長趣扦埂%攻蓀氓去單ぅ氦稀ⅴ榨ˉぅ些`の直径 x コリメーターと最終フォーカスレンズの倍率と等しくなります。例え?#23567;ⅴ榨ˉぅ些`の直径が50ミクロンで60 mmの焦点距離コリメーターと300 mmの最終フォーカスレンズを使用している場合、最終的なスポッ?#21435;單ぅ氦稀S = 50 x 300/60 = 250ミクロンとなります。適切なスポッ?#21435;單ぅ氦?#24471;るために、ファイバーの直径、コリメーター、最終フォーカスレンズを?#24037;伽?#22793;更?#24037;毪長趣扦蓼埂%攻蓀氓去單ぅ氦稀?#23450;格電流の5%~105%の完全なダイナミックレンジで、電力の関数として変化しません。シングルモードレーザーを使用?#24037;毪取ⅴ鐒`クのスポッ?#21435;單ぅ氦膝Ε工趣勝輟?#19979;位モードレーザーを使用した場合は最上層となります。

閉じる

生産にファイバーレーザーを使用?#24037;毪長趣摔瑜輟?#22823;幅?#20351;?#32004;が可能となります。節約が可能な量は、現在のプロセス、材料、生産環境、電気料金、人件費など、さまざまな事柄によって決まります。次に節約の一例を示します。

a. 電力変換効率の向上:ファイバーレーザーは、従来のレーザー技術とは比べものにならないほどの高い効率性を備えています。

タイプ

電力変換効率

ファイバーレーザーイッテルビウム(Yb)

40%+(エコシリーズの場合は50%超)

ランプ励起YAG

1.5%~2%

ダイオード励起YAG

10~20%

ディスク

15~25%

CO2

5~10%

 

エ?#24237;毳`節約計算機

b. 冷却:ファイバーレーザーの効率は、冷却の必要条件の低下にも貢献し、電力使用の低下にも貢献します。低出力のファイバーレーザーで必要となるのは、空冷のみです。高出力のファイバーレーザーでは水冷が必要となり、これは一般的?#36865;?#31561;の代替レーザー技術よりも単純で、コストも低く抑えられます。冷却方法は、特定の生産環境によっても異なります。

 

c. 消耗品/交換部品:ファイバーレーザーの効率性の高い設計(熱管理の向上)?#21435;榨ˉぅ些`レーザーでの電気通信グレードの単一エミッタポンプダイオードの使用により、交換部品(ランプ、ダイオードバーなど)、作業、生産の中断時間を少なく抑えることができます。YAGで使用される多くのランプ?#21435;昆ぅ`ドバーの寿命はそれぞれ、2,000時間、2万時間と見積もられています。これらは、10万時間を超えるIPGの単一エミッタダイオードのMTBFのごく一部であるため、ファイバーレーザーの寿命については、ダイオードを交換しなくても済むように?#24037;?#24517;要があります。IPGレーザーの?#24037;伽皮?#21322;導体のファイバーtoファイバー設計では、従来のレーザーと違って、共振器鏡、クリスタル、液体、フィルタなど、調節またはメンテナン?#24037;?#24517;要な光学部はないため、さらに節約されます。

 

d. メンテナンス:ファイバーレーザーでは、出力やその他の要因により、従来のレーザーと比べて、メンテナン?#24037;?#20840;く必要ないか、少ししか必要なくなっています。調製?#24037;?#20809;学部品もなく、ウォームアップ時間、消耗品/交換部品も不要です。その結果、メンテナン?#24037;?#38306;してかなりの節約ができます。

e. 資本コスト:ファイバーレーザーを使用?#24037;毪取?#21516;じレーザーで切断、溶接、穴あけを行うことができ、これらのそれぞれの機能用に別々のレーザーおよびレーザーシステムを購入してメンテナン?#24037;工?#22580;合と比べて、投資コストを抑えることができます。

 

f. 節税:    

米国の税法179条では、企業が課税年度中に購入また?#20808;?#36039;した適格装置やソフ?#21435;ΕДⅳ?#20840;購入金額を控除?#24037;毪長趣?#35377;可しています。これは、適格装置の一部を購入(または賃借)した場合、総収入から全購入金額を控除できることを意味します。これは企業による装置の購入と投資を促進?#24037;毪郡幛?#31859;国政府が創出した報奨金です。  179条の資本購入、特別償却に関?#24037;?#26368;新情報を参照してください。

 

IPGファイバーレーザー、ファイバーレーザーシステムを購入?#24037;毪?#21476;いレーザー光源を新しくエ?#24237;毳`効率の高いファイバーレーザーに交換?#24037;?#26178;期です。米国政府が179条の控除という形で激励しています。利用可能な内容について詳しくは、179条のWebサイトを参照してください。

 

免責事項:これは税に関?#24037;?#21161;言ではありません。税の助言と各人の事業および状況への適用については、租税コンサルタントにご相談ください。本書に記載された助言は、1986年?#25991;?#22269;歳入法の修正に基づいて罰則を回避?#24037;毪郡幛?#20351;用?#24037;毪長趣?#24847;図したものではなく、このために使用?#24037;毪長趣悉扦蓼護蟆?/p>閉じる

閉じる
閉じる

 

 

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。
六合彩开奖记录